2023年度年賀寄付金配分事業公募

申請の受付期間は2022年9月12日(月)~同年11月4日(金)(当日消印有効)です。

■配分助成事業
 (1)配分事業分野
  配分事業は次の七つの分野とします。
   ア 一般枠
   (ア)活動・一般プログラム
   (イ)活動・チャレンジプログラム
   (ウ)施設改修
   (エ)機器購入
   (オ)車両購入
   イ 特別枠
   (ア)東日本大震災、令和元年台風19号および令和2年7月豪雨の被災者救助・予防(復興)
   (イ)新型コロナウイルス感染症の予防・拡大防止
 (2)申請金額(上限)
  申請金額の上限は、1件当たり500万円とし、活動・チャレンジプログラムについてのみ
  50万円とします。

■配分申請要領・申請入力フォーム
 配分申請要領は別紙をご覧ください。
 また、申請申し込みは、日本郵便年賀寄付金Webサイト(https://www.post.japanpost.jp/kifu/)
 の申請入力フォームからお願いします。
 (配分事業分野ごとに異なりますので、いずれか一つを選択してください。)

■申請関係書類の送付先
 〒100-8792 東京都千代田区大手町二丁目3番1号 大手町プレイスウエストタワー
 日本郵便株式会社 総務室内 年賀寄付金事務局 宛

【お客さまのお問い合わせ先】
 日本郵便株式会社 総務室内 年賀寄付金事務局
 電話:03-3477-0567
 <受付時間>
 平日10:00~12:00、13:00~17:00

 

2023年度環境市民活動助成

■応募期間 
  活動助成・NPO基盤強化助成 2022年10月11日(火)~10月31日(月)

■助成対象
  ・日本国内に活動の場を有する団体
  ・環境活動を行っている国内のNPO法人、一般社団法人、任意団体(自治会、町内会含む)
  ・地域住民が主体的に行う非営利の活動であること
  ・政治、宗教活動を目的としておらず、反社会的な勢力とは一切関わりがないこと

■助成対象期間:2023年4月1日~2024年3月31日

■助成の種類
 【活動助成】
   ・自然環境保護や生物多様性の保全、気候変動対策、脱炭素化をめざす取り組みなど、
    市民が主体となって行う環境活動を1年間支援。助成金額最大100万円/件。
 【NPO基盤強化助成】
   ・持続可能な活動を実現する自主事業の構築・確立をめざすNPO法人に対し、
    事業資金・専従職員の人件費・事務所家賃を原則3年間支援。助成金額最大400万円/件
    (原則3年間 総額1200万円の継続助成)。
    *活動助成とは趣旨が異なります。多年度に渡り継続する活動助成ではありません。

■対象活動分野(活動助成、NPO基盤強化助成)
 A.自然環境の保護・保全(森林・里地里山・里海・その他)
 B.野生動植物種の保護・保全
 C.総合環境学習
 D.暮らしの中のエコ活動

■応募方法
 Web申請を推奨いたしますが、インターネット環境がない場合は手書きでも申請可能です。
 〈Web申請の場合〉
  Web申請システムに団体情報を登録のうえ、応募受付期間になりましたら必要事項を入力し
  申請してください。書類の郵送は不要です。
  https://7midori.yoshida-p.net/

 助成内容の詳細は当財団ホームページのご案内ビデオ、パンフレットをご確認ください。
  https://www.7midori.org/josei/

■お問い合わせ先
 一般財団法人 セブン-イレブン記念財団 環境市民活動助成担当
 TEL 03-6238-3872 FAX 03-3261-2513(受付時間9:30~17:00※土・日を除く)
 Eメール oubo.23@7midori.org

令和5年度「キリン・地域のちから応援事業」および「キリン・福祉のちから開拓事業」

「キリン・地域のちから応援事業」概要

1.助成対象となる事業
障害があってもなくても、高齢者でも子どもでも、日本人でも外国人でも、同じ地域やコミュニティで生活する一員として、共に理解し合い・支え合う共生社会の実現を願い、地域における障害児・者、高齢者、子どもなどの福祉向上に関わる、次のような幅広いボランティア活動を実施する団体に対して助成します。

災害の復興応援および防災や公衆衛生(新型コロナウイルス感染拡大防止への取り組み)に関しても広く募集します。

2.助成対象となる団体
  (1)4名以上のメンバーが活動する団体・グループであること。
  (2)連絡責任者は満18歳以上であること。

  ※年齢は令和5年4月1日(土)現在の満年齢となります。

3.助成対象となる事業実施期間
  令和5年4月1日(土)~令和6年3月31日(日)

4.助成金額 
  1件(一団体)あたりの上限額は30万円です(総額4,500万円)。
  原則として単年度助成です。

5.申込受付期間
  令和4年9月7日(水)~10月31日(月) 当日消印有効

「キリン・福祉のちから開拓事業」概要

本公募は全国や広域(複数の都道府県)にまたがる取り組みが対象となります。地域内での活動は、「キリン・地域のちから応援事業」にてお申込み下さい。(申込受付期間は同一)

1.助成対象となる事業
障害者福祉分野、高齢者福祉分野、児童・青少年健全育成分野、地域社会福祉分野のボランティア活動を、長期的な視点に立って全国や広域にまたがり実施している、または活動しようと考えている次のような団体に対して助成します。

2.助成対象となる団体
  (1)10名以上のメンバーが活動する団体・グループであること。
  (2)連絡責任者は満18歳以上であること。

  ※年齢は令和5年4月1日(土)現在の満年齢となります。

3.助成対象となる事業実施期間
  令和5年4月1日(土)~令和6年3月31日(土)

4.助成金額
  1件(一団体)あたりの上限額は100万円(総額500万円)です。
  原則として単年度助成です。

5.申込受付期間
  令和4年9月7日(水)~10月31日(日) 当日消印有効

【その他】
・募集案内・申込書等はすべて弊財団のホームページよりダウンロードできます。   https://foundation.kirinholdings.com/

・この件に関するお問合せ先
公益財団法人 キリン福祉財団事務局(北村・太田)
TEL 03-6837-7013  FAX 03-5343-1093 
Eメール fukushizaidan@kirin.co.jp

第23回中部の未来創造大賞

【中部の未来創造大賞とは ~背景と目的~】
我が国の社会資本整備は、戦後の急速な経済成長の基盤として重要な役割を果たしてきました。

しかし、近年の少子化高齢化社会の到来、高度情報化社会や国際化の進展及び国民のニーズの多様化や環境に対する意識の高揚など、社会環境が大きく変貌 し、国づくりや地域づくりのあり方の変革が求められています。

以上の背景から、これからの「地域づくり」は、社会資本の整備だけでなく、その維持・活用や環境保全、その地域の持つ歴史と伝統への配慮などを総合的に考え推進していくことが不可欠です。

「中部の未来創造大賞」は、社会資本の整備及びその利用・保全に基づく活動に顕著な貢献があった地域住民、NPO、企業、学校、建設業界、行政等の活動を顕彰することにより、「多様な主体による協働」による活動の推進と活動状況の把握を行い、新しい時代にふさわしい中部の未来の発展と啓発を促進することを目的としています。


【募集内容】
住民、NPO、企業、学校、行政等が工夫して取り組んでいる地域づくりの活動で、以下に該当するもの
人を惹き付け、選ばれる地域づくりをするもの
人が豊かに過ごせる地域を共助・参加型でデザインするもの
生活を楽しくする自然、歴史、・文化、芸術等の魅力を感じることができる地域づくりをするもの
子供が生まれ、女性、若者、高齢者、外国人等様々な人材が活躍・共生できる地域づくりをするもの
クリエイティブな仕事、イノベーションが生まれる地域づくりをするもの
SDGsの達成など世界的課題にチャレンジする地域づくりをするもの
ネットワークの活用で、一体となって成長し、隅々まで豊かさを供給するもの
災害時の人命救助、復旧活動や防災に関するもの


【各賞の内容】
大賞(1件):賞状、盾、賞金10万円
優秀賞(3件程度):賞状、賞金5万円
特別賞
中部経済連合会賞、中日新聞社賞

 

【応募条件】
長野、岐阜、静岡、愛知、三重の5県内における活動を対象とします。
特許・著作権等の権利、又は、プライバシーを侵害しないものに限ります。
資格・年令等は問いません。
再応募ができます。(但し、これまでの「中部の未来創造大賞」にて大賞を受賞された活動は除く)

【応募締切】
令和4年8月31日(水)

【お問い合せ先】
中部の未来創造大賞推進協議会事務局
(一社)中部地域づくり協会 業務管理部
電話番号 (052) 962-9455  E-mail mirai@ckk.or.jp
https://www.cbr.mlit.go.jp/kikaku/mirai/index.htm

住友生命 第16回「未来を強くする子育てプロジェクト」

【助成内容】
 弊社では、平成19年より少子化対策支援事業「未来を強くする子育てプロジェクト」を実施しております。おかげさまで第16回を迎えることができ、今年度も「子育て支援活動の表彰」および「女性研究者への支援」の2部門の募集を7月11日(月)~9月9日(金)に実施いたしますのでご案内させていただきます。
「子育て支援活動の表彰」は、より良い子育て環境に資する活動を行い、成果を上げている個人・団体を募集し、優れた活動を表彰することによって、特徴的な子育て支援活動を広く社会に紹介し、子育て環境の整備に貢献しようというものです。
「スミセイ女性研究者奨励賞」は、子育てのために研究を中断している女性研究者および、子育てをしながら研究を続けている女性研究者に、研究環境や生活環境を維持・継続するための助成金を支給します。

【助成対象】
●子育て支援活動の表彰
地域において子育て環境づくりに取り組む団体や個人
●女性研究者への支援
子育てと人文・社会科学分野の研究活動の両立に努力されている女性研究者

【助成金額】
●子育て支援活動の表彰
・文部科学大臣賞:表彰状(スミセイ未来大賞から1組)
・厚生労働大臣賞:表彰状(スミセイ未来大賞から1組)
・スミセイ未来大賞:表彰盾、副賞100万円(2組程度)
・スミセイ未来賞:表彰盾、副賞50万円(10組程度)
●スミセイ女性研究者奨励賞 
助成金として1年間に100万円(上限)を2年間まで支給(10名程度)

【応募方法等】
「未来を強くする子育てプロジェクト」のwebサイトで、募集要項をご確認のうえ、応募用紙をダウンロード・ご記入いただき、必要資料と一緒にお送りください。
●子育て支援活動の表彰
必要資料:①応募用紙(webサイトよりダウンロード)
     ②活動の様子がわかる写真
     ③その他の活動内容がわかる資料(パンフレットなど)
●女性研究者への支援
必要資料:①応募用紙(webサイトよりダウンロード)
     ②最近の論文など、1,2点
     ※資料の点数は審査の対象になりません。資料類は角2版封筒(A4版が入る大きさ)に入る程度の量とします。

【締切り日】
2022年9月9日(金)                                                    2022年7月11日(月)~募集開始。

【連絡先等】
お問合せ先
「未来を強くする子育てプロジェクト」事務局
〒102-0072 東京都千代田区飯田橋2-14-7 光ビル
TEL 03-3265-2283      FAX 03-3265-2267
URL
https://www.sumitomolife.co.jp/about/csr/community/mirai_child/

こくみん共済 coop 地域貢献助成 募集

【助成の対象となる活動】
(1)自然災害に備え、いのちを守るための活動
(2)地域の自然環境・生態系を守る活動
(3)温暖化防止活動や循環型社会づくり活動
(4)子どもや親子の孤立を防ぎ、地域とのつながりを生み出す活動
(5)困難を抱える子ども・親がたすけあい、生きる力を育む活動

【助成の対象となる団体】
日本国内を主たる活動の場とする、次の(1)~(3)のすべてに該当する団体を対象とします。
(1)NPO 法人、一般社団法人、任意団体、市民団体など
(2)設立 1 年以上の活動実績を有する団体 (基準日 2022 年 8 月 17 日 ※応募受付開始日)
(3)直近の年間収入が 300 万円以下の団体(前年度の繰越金を除く)

【助成内容】
(1)助成総額:2,000万円(上限)予定
(2)1団体に対する助成上限額:30万円

【応募期間】
 2022年8月17日(水)~ 9月16日(金)

【詳細】
 こくみん共済 coop HP(https://www.zenrosai.coop/zenrosai/csr/josei)
  ※応募方法等のご案内は、2022年8月17日(水)から掲載いたします。

たすけあいの輪をむすぶ
○○~~~~~~○○~~~~~~○○~~~~~~○○~~~~~~○○~~~~~~○○
こくみん共済 coop <全労済>
本部 地域貢献助成事務局
〒151-8571  東京都渋谷区代々木2-12-10
電話 03-3299-0161  FAX 03-5351-7776
E-mail:90_shakaikouken@zenrosai.coop
HP:https://www.zenrosai.coop

子供の未来応援基金 未来応援ネットワーク事業

▼募集情報の詳細はこちらをご覧ください。
 https://www.wam.go.jp/hp/miraiouen_r5

○募集期間
 2022年8月9日(火)~9月20日(火) 15時まで

〇支援金額
 【事業A】上限300万円
 【事業B】30万円または100万円

〇対象事業
 子供の貧困対策のための事業

〇活動期間
 2023年4月1日~2024年3月31日

〇対象団体
公益法人、NPO法人、一般法人、その他ボランティア団体や町内会など、非営利かつ公益に資する活動を行う任意団体

★★★皆さまのご応募を、心よりお待ちしております!★★★

<お問い合わせ先>
~すべての子供に、笑顔と夢を。~
子供の未来応援国民運動推進事務局
独立行政法人福祉医療機構 NPOリソースセンター NPO支援課
TEL:03-3438-4756 FAX:03-3438-0218

第20回読売福祉文化賞の候補を募集

 読売新聞社と読売光と愛の事業団は、新しい時代にふさわしい福祉活動に取り組んでいる団体などを顕彰する「第20回読売福祉文化賞」の受賞候補を募集します。

 福祉全般を対象とする『一般部門』と、豊かで活力のある長寿社会を目指して高齢者を支援する活動を対象とする『高齢者福祉部門』からそれぞれ3件、計6件を選びます。いすれも受賞者に副賞として活動支援金 100万円を贈ります。

 応募締め切りは9月30日(消印有効)。申請書など必要書類を光と愛の事業団までご郵送ください。

詳しくは応募要項をご覧ください。 

【応募要項・問い合わせ】
応募要項はこちらから.pdfご覧ください。

申請書はPDF版はこちらから.pdfExcel版はこちらから.xlsダウンロードしてください。

ご応募をお待ちしております。

太陽光発電設備の寄贈プロジェクト

【第83 基 84 基 85 基目 そらべあスマイルプロジェクト公募概要】
————————————–
〇募集期間
2022 年 6 月 1 日(水 )から 8 月 31 日(水 )まで ※応募書類必着
〇応募資格 全国 対象 3 歳から 5 歳児が在籍する未就学児童向けの教育・保育施設
〇寄贈設備
  太陽光発電設備の無償寄贈 最大出力 5kW 相当の設備一式)
〇協賛企業
  ソニー損害 保険株式会社
〇寄贈数
  3 基 1 園につき 1 基の「そらべあ発電所」を無償設置します)

 詳しくは下記の応募要項をご覧ください。
   応募要項 https://www.solarbear.jp/applications/2575/