子供の未来応援基金 未来応援ネットワーク事業

▼募集情報の詳細はこちらをご覧ください。
 https://www.wam.go.jp/hp/miraiouen_r5

○募集期間
 2022年8月9日(火)~9月20日(火) 15時まで

〇支援金額
 【事業A】上限300万円
 【事業B】30万円または100万円

〇対象事業
 子供の貧困対策のための事業

〇活動期間
 2023年4月1日~2024年3月31日

〇対象団体
公益法人、NPO法人、一般法人、その他ボランティア団体や町内会など、非営利かつ公益に資する活動を行う任意団体

★★★皆さまのご応募を、心よりお待ちしております!★★★

<お問い合わせ先>
~すべての子供に、笑顔と夢を。~
子供の未来応援国民運動推進事務局
独立行政法人福祉医療機構 NPOリソースセンター NPO支援課
TEL:03-3438-4756 FAX:03-3438-0218

第20回読売福祉文化賞の候補を募集

 読売新聞社と読売光と愛の事業団は、新しい時代にふさわしい福祉活動に取り組んでいる団体などを顕彰する「第20回読売福祉文化賞」の受賞候補を募集します。

 福祉全般を対象とする『一般部門』と、豊かで活力のある長寿社会を目指して高齢者を支援する活動を対象とする『高齢者福祉部門』からそれぞれ3件、計6件を選びます。いすれも受賞者に副賞として活動支援金 100万円を贈ります。

 応募締め切りは9月30日(消印有効)。申請書など必要書類を光と愛の事業団までご郵送ください。

詳しくは応募要項をご覧ください。 

【応募要項・問い合わせ】
応募要項はこちらから.pdfご覧ください。

申請書はPDF版はこちらから.pdfExcel版はこちらから.xlsダウンロードしてください。

ご応募をお待ちしております。

太陽光発電設備の寄贈プロジェクト

【第83 基 84 基 85 基目 そらべあスマイルプロジェクト公募概要】
————————————–
〇募集期間
2022 年 6 月 1 日(水 )から 8 月 31 日(水 )まで ※応募書類必着
〇応募資格 全国 対象 3 歳から 5 歳児が在籍する未就学児童向けの教育・保育施設
〇寄贈設備
  太陽光発電設備の無償寄贈 最大出力 5kW 相当の設備一式)
〇協賛企業
  ソニー損害 保険株式会社
〇寄贈数
  3 基 1 園につき 1 基の「そらべあ発電所」を無償設置します)

 詳しくは下記の応募要項をご覧ください。
   応募要項 https://www.solarbear.jp/applications/2575/

赤い羽根 外国にルーツがある人々への支援活動応援助成

▼公募サイト
https://www.akaihane.or.jp/subsidies/sub-problem-solving/28144/

■助成趣旨
この助成事業は、新型コロナウイルス感染症拡大の長期化の影響が続く中、国内に在住し、生活に困窮する、社会的に孤立する、必要な情報や医療につながりにくい等、さまざまな困難の状況にある外国にルーツがある人々を支援する活動を、資金面から応援することを目的として実施します。

■助成金額・規模
○1活動(事業)あたりの助成上限額
 助成プログラム①:300万円
 助成プログラム②:100万円

■助成プログラム 
①緊急支援プログラム:新型コロナウイルス感染症拡大の長期化による影響等により、生活に困窮し社会的に孤立する外国にルーツがある人々を支援する活動。

②地域交流プログラム:外国にルーツがある人々の孤立を防ぎ、地域で安心して暮らす、また地域を担う一員となる、多文化共生社会を実現するための地域住民との交流や相互理解を促進する活動。

■助成対象活動(事業)期間
2022年4月~2023年9月

■応募締切:2022年8月24日(水)必着

東京海上日動あんしん生命「給付型奨学金制度」募集

本奨学金は、疾病により保護者を失った遺児で、経済的理由により進学が困難な方に、奨学金の給付を行うことで大学等への進学を後押しすることを目的とし、「東京海上日動あんしん生命奨学金制度」に基づいて運営されるものです。

 ■締切: 10月31日(金)当日消印有効

 ■詳細: https://www.philanthropy.or.jp/anshin/

 ■募集人数 60
 
 ■給付額 年間30万円
 
 ■給付期間 対象となる教育機関に在学中の期間(正規の最短修業期間以内)
 
 ■給付方法 毎年5月に、ご指定の口座へ当該金額を振り込みます。

TOYO TIREグループ環境保護基金 2023年度募集 

■締切: 9月30日(金) 当日消印有効

■詳細: https://www.philanthropy.or.jp/toyotires/

■助成対象とする団体・事業と助成枠
   01)公益に資する事業を計画している団体。
   02)環境保護・環境保全関連の事業活動。
     (1)里山・森林・緑化整備運動
     (2)生態系保護活動
     (3)水・河川環境保全活動
     (4)地域環境整備活動
     (5)リサイクル活動
     (6)環境教育・体験学習活動
     (7)啓発活動・イベント活動
     (8)研究・開発活動
     (9)その他
   03)2023年4月1日から2024年3月31日までの間における1年間の事業活動。
   04)助成金額上限:150万円

ブリヂストンBSmile募金

助成対象とする団体・事業と助成枠
(1)非営利団体(3年以上の活動実績および現在も継続的に活動実施していること)

(2)ブリヂストンのミッションステートメントに基づき「日本における5つのターゲット分野」の社会課題解決に取り組む団体・事業

 =5つのターゲット分野=

 1.「環境」:未来のすべての子どもたちが「安心」して暮らしていくために
 2.「安心・安全な Mobility 社会」:安全教育をはじめ、安心・安全な社会の実現に向けて
 3.「地域社会」:より健全な地域社会の実現のために
 4.「AHL(Active and Healthy Lifestyle)とDE&I」:すべての人々が活き活きと生活できる社会の実現に向けて
 5.「人財育成・教育」:教育・研修の機会を拡大し、人々の生活やキャリアアップを支援していくために

(3)2023年1月1日から2023年12月31日までの間における1年間の事業活動
(4)助成金額上限:1団体につき100万円、助成総額:900万円

(5)募集期間
   2022年5月23日(月)~8月5日(金) 当日消印有効

(6)HP https://www.philanthropy.or.jp/bridgestone/

赤い羽根の中央共同募金会「居場所を失った人への緊急活動応援助成」

赤い羽根 ポスト・コロナ(新型感染症)社会に向けた福祉活動応援キャンペーン
~それでもつながり続ける地域・社会をめざして~

赤い羽根の中央共同募金会では、新型コロナウイルス感染拡大⾧期化の影響により、様々な理由か
ら居場所を失った人々に対する支援活動を資金面から支援し、このコロナ禍において「誰一人取り
残さない(leave no one behind)」社会をつくることを目的として、「居場所を失った人への緊急
活動応援助成」<第5回>を実施します。

●助成対象活動(事業)
新型コロナウイルス感染拡大⾧期化の影響により、孤立し、居場所が失われた人や経済的困難に陥った
人たちに対する次のような支援活動(事業)で、新しい生活様式に配慮しながら、多機関連携や協働に
より展開されるものを対象とします。

●助成対象団体
 ○社会福祉・地域福祉の推進を目的とする非営利の団体(法人格の有無は不問)
 ○応募時点で団体が設立されており、助成対象事業の実施体制が整っていること(活動年数は不問)
●助成金額・規模 1 団体あたりの助成上限は300万円(助成総額6,000万円を予定)
●助成事業対象期間 2022年4月~2023年3月(応募時より遡った支出も対象とします)
●応募締切 2022年7月25日(月)厳守

助成概要や応募方法など、詳しくは当会HP 応募サイトの応募要項をご確認ください
https://www.akaihane.or.jp/subsidies/sub-problem-solving/27969/

東海ろうきん 未来応援寄付金

<2022年度団体募集>東海ろうきん 未来応援寄付金<こどもの健全育成><就労支援><教育>を応援

1.趣旨

労働金庫は、はたらく仲間がお互いを支え合うためにつくった金融機関です。その理念では「会員が行う経済・福祉・環境及び文化にかかわる活動を促進し、人々が喜びをもって共生できる社会の実現に寄与する」ことを目的としています。SDGsへの取組が求められている社会情勢を踏まえ、労働金庫と民間非営利団体がパートナーシップにより、よりよい社会づくりを進めることを応援することを目的に、寄付金を活用し、「自由度の高い」条件で、愛知県内の市民活動を応援します。

2.寄付金の対象

愛知県内に事務所をおき、県内で主に活動する市民活動団体で次の条件を満たす団体

1)非営利団体であること。※一社、一財の場合は「非営利型法人」であること。

2)組織・規約・事業内容などの情報を一般に公開していること。

・NPO法人は、所轄庁に直近の事業報告書を提出していること

・任意団体は、自団体ホームページや市町村の市民活動センターの登録サイト等を通して団体の情報を掲載していること

◆採択された団体は、①報告書の提出、②2022年8~9月に名古屋市内で行う寄贈式兼採択者説明会への出席、③2023年2月中旬に名古屋市内(オンライン)で行う報告会への出席、④進捗確認・活動現場訪問への協力、⑤広報物や購入備品へ寄付金事業の旨の掲載、をしていただきます。

3.寄付の枠組

対象分野:こども、就労、教育

※段階に分けて寄付します。

(1)「はじめの一歩・やってみよう」寄付金

 活動の立ち上げに必要な資金を寄付します。

 対象活動:活動立ち上げ3年以内の新規活動(団体の設立年数は問わない)

 枠組み:寄付金

 金額(上限):25万円

 採択件数の目安:4件程度

 審査項目・審査基準:

  1.共感し、応援したいと感じるか。

  2.寄付金の必要性が明確か(寄付金がないとできないものか)。

  3.寄付金の効果が期待できるか(寄付金があることでより効果的に実行できるか)。

(2)「踏み出す二歩目」活動の定着・発展寄付金

活動を定着・継続するための二歩目を踏み出すこと(例:参加者のひろがり・担い手の育成・資金調達などの仕組みづくり)に重点を置いた取り組みに必要な資金を寄付します

 対象活動:活動実績がある活動で、次の展開に踏み出したい団体

 枠組み:寄付金

 金額(上限):50~100万円

 採択件数の目安:3~6件程度

 審査項目・審査基準:

  1.共感し、応援したいと感じるか。

  2.寄付金の必要性が明確か(寄付金がないとできないものか)。

  3.寄付金の効果が期待できるか(寄付金があることでより効果的に実行できるか)。

  4.支出の狙いが明確であり、単なる活動費の補填ではないこと

  5.この支出によって、定着・継続につながる活動を実施できるか?

 

4.対象期間:2022年9月1日(木)~2023年2月14日(火)

5.募集期間:2022年6月15日(水)~7月15日(金)

 (1)E-mailの場合、締切日17時まで到着分

 (2)郵送の場合、締切日消印有効

6.応募方法

 1)応募書類

  応募書類 [1]申請者の情報 [2]申請対象活動の情報

  添付書類 A定款又は規約 B直近年度の事業報告・会計報告

 2)応募方法  

  E-mailによる送付を標準としますが、応募書類等を電子データで送付できない場合、郵送をご利用ください。

 3)応募先

 特定非営利活動法人ボランタリーネイバーズ 東海ろうきん寄付金係

 E-mail:roukin@vns.or.jp TEL 052-979-6446 FAX 052-979-6448

 〒461-0005 名古屋市東区東桜2-18-3-702

7.審査方法

1)選考方法 第1次選考は申請書による書類審査です。選考に通った団体は、7月下旬にオンラインで行うヒアリング審査にお越しいただきます。

2)結果通知 第1次選考結果は8月上旬までに通知、最終結果は、8月中下旬に通知します。

※寄付金は8月下旬に振込いたします。

募集要項や応募書類は下記よりダウンロードしてご覧ください。

■お問合せ

NPO法人ボランタリーネイバーズ(担当:井村・遠山/電話受付:平日10時~18時)

TEL 052-979-6446  FAX 052-979-6448 E-mail:roukin@vns.or.jp